Category Archives: 水槽記事

1 2 3 4 5 6 13

乾燥餌に乾燥剤は要る

当然ドライフーズには乾燥剤が入っているが、開缶後しばらくすると餌が湿っていると思いながらも缶の蓋は閉めているし、水に投げ入れるものなのでそのまま魚水槽に給餌していたら、喰いつきが悪くなり、最悪★になっていくことが続いた。

解決策として乾燥剤を入れたら、喰いつきは良くなり★になることもなくなったという当然の帰結。

百均乾燥剤を入れたドライフーズと保存用シール容器。レンジで元に戻るそうだが、戻った経験はゼロ。

 

仕様書モアイ水槽固定チューブ 説明書

ヤフオク!&PayPayフリマ「モアイ水槽」検索、販売中

ヤフオク!「出品リスト」クリックでその他商品も

モアイ水槽をレンタル月額1000円、

右側のアイコン「MOAISUN Store」で販売中、

動画集「MOAI aquarium」公開中

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
*にほんブログ村に参加中!
Posted in 水槽記事 | Leave a comment

固定チューブセット「穏かに水足し不要で簡単設置できる逆さ水槽」YouTubeにUP

長らく滞っていたモアイ水槽開発が動いた。その名も「穏かに水足し不要で簡単設置できる逆さ水槽」。ブログでアップした考えをまとめた感じ、でも使いやすさ100倍。  特に穏やかさは今まで難しく、波立つ、腕を水中に入れるなどの難点がことごとく解決した上でシンプル構造の出来上がり。

吸排気時の全景

設置時最終形

仕様書モアイ水槽固定チューブ

クリックするとPDF仕様書(2019.6.29 訂正)を表示します。しない場合はホームページにダウンロード用をアップするかも。

 

こちらはYouTube動画

 

ホームページかヤフオク!で販売予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
*にほんブログ村に参加中!
Posted in 水槽記事 | Leave a comment

モアイ水槽浮体部に空気注入で水足しせずに水位上昇

 

モアイ水槽浮体部

 

モアイ水槽浮体部に満杯水が入っているところに3割ほど空気注入し、水槽自体に水足しせずに水位上昇したところ。

蒸発具合によるが1ヶ月位は水足し不要になりそう。

 

右側のアイコン「MOAISUN Store」で販売中

動画「MOAI aquarium」公開中

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
*にほんブログ村に参加中!
Posted in 水槽記事 | Leave a comment

モアイ水槽の水足しに12㍉チューブを使ってみた

水槽に取付けた冷風ファン

暑さ対策に冷風ファンを取付けると、玄関水槽を3度下げてくれたが、蒸発が早く水足しが必要に。

水足しし、逆止弁付12㍉チューブを挿したモアイ水槽

 

逆止弁付12㍉チューブをモアイ水槽浮体部に挿し、吸盤で留めて、逆止弁を少し外すと浮体部から空気が抜けてくる。

挿す時に水が12㍉チューブに入ってしまうので、一気に逆止弁を外すと水飛沫が上がるので要注意。

3㍉程度のチューブでは水が溜ると空気が抜けなくなるので、ポンプ等で空気を抜いてからでないとできない。

 

 

 

 

 

12㍉チューブに入った水

 

浮体部の空気を抜くと水槽の水位は下がるので、新たに水足しし、浮体部の空気を抜くを3度ほど繰り返して10分ほどで終了。

 

右側のアイコン「MOAISUN Store」で販売中

動画「MOAI aquarium」公開中

 

 

 

 

水足し後の水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
*にほんブログ村に参加中!
Posted in 水槽記事 | Leave a comment

吸いまっせと太いチューブでスピーディー

 

取外しチューブセット

市販品のペットボトル圧縮装置「吸いまっせ」が高性能品であることが判明。100均フットポンプやレジャー用ポンプより気密性がかなり高い。

気密性が高いので吸引は指先で動くくらい楽々。

さらに12㍉の太いチューブを使うことで吸排気はあっと言う間にできて、多少の水溜りでも断面積が広いので吸排気が詰まることなく、水を打ち破る。

水を吸い込む恐れがかなり少ないのでトラップを付ける必要もないような。

もちろん設置時はノンストップでできてしまう。

 

その状況はこちらYouTubeで

 

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
*にほんブログ村に参加中!
Posted in 据え付け 取出し | Leave a comment